2020年5月 5日

正しい「UVケア」してますか?

紫外線が気になるシーズンになりました。
そろそろ本格的に紫外線対策をされている方も多いかと思います。
 
これからの本格シーズンに向けて、
それはそれは素晴らしいUVケア商品を紹介したいのですが、
その前に、日焼けが起こる(お肌が黒くなる)理由と、
UVケア商品が日焼け止めするメカニズムをざっくりご説明しますね!
  
人の体は、紫外線を浴びると、肌の基底層にあるメラノサイトという細胞
でメラニンという黒い色素を作ります。このメラニンは、紫外線が体内奥
に入り込み、最悪、皮膚がんになったりすることを防ぎます。
 
よくある美白化粧品は、メラニンを作るのに必要な酵素、チロシナーゼを
阻害するので、メラニンができず肌が白くなります。もはや薬の世界です。
 
7年くらい前に大手化粧品会社が起こした白斑事故が、
まさにこのメカニズム。怖いですね。
 
前述のとおり、肌が黒くなるのは人間本来の防御作用ですから、
それを無理やり働かなくするのは良くないこと。
 
でも白いお肌でいたい。
それは今も昔も、世界中の女性たちの願いです。
だったら紫外線が肌内に入らないようにすればいい、というニーズを解決
するのが日焼け止め(UV)商品というわけです。
 
uv_woman.png
 
紫外線防止成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。
どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。
「紫外線吸収剤」は、紫外線を熱変換する化学作用によりブロックします。
肌の上で化学反応を起こさせるので、刺激が強く、肌には良くないです。
 
また、環境や生態系にも大きな影響を与えてしまいます。
ハワイ州ではサンゴの死滅を防ぐため、吸収剤を配合した日焼け止めの販売
を禁止しており、この動きは世界中に拡がっています。
 
「紫外線散乱剤」は、小さな鏡を肌表面に付けて、紫外線を反射により
跳ね返すイメージ。肌への刺激は少ないです。
 
通常の日焼け止めは「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の両方を配合します。
両方を配合しないと、十分な日焼け止め効果を得られなかったり、
使用感がとても悪くなったりしてしまうからです。
 
本来は吸収剤を配合せずに日焼け止めを作るべきですが、効果や使用感を
維持するために、どうしてもコストアップになってしまうところが
化粧品メーカーの悩みです。
 
次回の記事では、試行錯誤のうえついに完成した、
当社自慢のUVケア製品をご紹介します♪
  • アルガンヘチマローション
  • 赤ちゃんとママにやさしいオイル


TOP